イノベーション

イノベーションとは、経済学者でハーバード大学教授でもあったJ.A.シュムペーター(J.A.Schumpeter)の景気循環に関する研究から生まれた概念であり、複数の著書の中で「企業者の役割」として説かれている。当用語は、シュムペーターの研究枠組みから「新結合」と訳されることが多い。
当領域に関する関心は社会的に高く、事例の蓄積や研究も進んできている。代表的な研究者としてC.M.クリステンセンやG.ハメル、伊丹などが挙げられる。定義として確立したものはないが、新結合や新基軸といった概念を含む、「社会の発展に大きく寄与する個別技術や、それらを生み出すマネジメント技法。および適者選択の論理。」と示すことができる。

組織開発研究所では、単なる個人の発想やその結合に重きを置いた施策ではなく、組織全体がイノベーティブになる総合的な仕組みをご提供しています。