X理論・Y理論

心理学者マグレガーにより提唱された管理論仮説。伝統的管理論であるX理論は、「人は生来仕事が嫌いで、できることなら仕事をしたくないと思っている」との立場に立つ。一方でY理論は人間的側面を重視し、「人は条件次第で動機付けを図ることができる」との立場に立つ考え方である。X理論は「強制・統制・命令・処罰」などによる人間管理、Y理論は高次の欲求を満たす「人間的な側面」を重視した人間管理で対比される。