ワーク・ライフ・バランス

「仕事と生活の調和」のことである。
誰もがやりがいや充実感を感じながら働く一方で、家庭や自己啓発などの個人的な時間を確保でき、健康で豊かな生活ができることを理想としたもの。
平成19年12月より政労使による「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」・「仕事と生活の調和推進のための行動指針」が策定されている。
日本においては、産業構造の変化や少子高齢化等への対策として社員の働き方改革を推進すべく、より重要性を増している考え方である。

組織開発研究所では、長時間労働や社員の充実度など、定量的な成果を目指した組織の生産性向上をご支援し、ワーク・ライフ・バランスを実現します。