チームビルディング

組織において創発的な協働をもたらすために効果的な準備のプロセスである。
目的や現状の意思共有、チーム内の関係性を対象とした相互理解を育むことで協働の質を高めようとするもの。
心理学者のB.W.タックマンは組織進化のモデルとして形成→混乱→統一→機能の4段階を唱えた。(現在では5段階目の散会が追加されている)

組織開発研究所では、チーム内のコンフリクト(反発)を解消し、凝集性を高め、人材の多様性を良い方向に発揮させる”チームビルディング”のコンサルティングをご提供しています。