デジタルトランスフォーメーション

2004年にウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、「ICTの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」というもの。IoTの普及やインターネット利用の増大に伴うビッグデータの蓄積、AIによるそれらのデータの分析・予測精度の向上などにより、現に人々の生活や仕事のスタイルに影響を与えており、その変化のスピードはこれから更に加速するとされている。

組織開発研究所では、デジタルの革新に伴う合理化の反面で、リアル/フィジカル空間における人間の幸福感や充実感の重要性が際立つと考えています。人が働く上での幸福や充実の満足を創造することを経営の重要指標と捉え、施策のご提案をいたします。