カッツモデル

カッツモデルとは、ハーバード大学教授であったロバート・カッツ(R.L.Katz)が提唱した有能な管理者に求められる開発可能な3つのスキルを指す。このモデルは、特定領域における専門知識や処理・手続きなどに関する行動の理解力、およびその熟練度を示す「テクニカル・スキル」。組織の一員として効果的に働き、自分の管理するチームの総合力を高めるための「ヒューマン・スキル」。組織目標を達成するためにすべての活動を統合し、全体との関係を把握し、意思決定する「コンセプチュアル・スキル」の3つで構成されている。

組織開発研究所では、企業がビジネス成果を生み出すための前提となる「マネジメント基盤の整備」を支援テーマとして掲げ、上記カッツモデルを意識した管理職の能力開発および組織運営力の強化を行っています。