コーチング

コミュニケーション技法の一つであり、主に相手の目標達成のサポートや能力開発を目的として用いられるスキルである。近年は人材の価値観が多様化していることなどを背景に、マネジメント・リーダー層が持つべき重要能力の一つとして捉えられる例が多い。
その技法は主に問いかけ・傾聴・承認で構成されており、相手の考えを言語化させることや主体的な意思決定を促すことの支援であり、その意味で答えを提示する教授型(ティーチング)や指示・命令などとは区別して説明される。

組織開発研究所では、マネジメント・リーダー層を対象としたコーチング能力向上プログラムをご提供し、組織・チームの生産性を高めるご支援をしています。