幸福感

幸福感とは、人間の心の状態を表す一つの側面である。幸福に対する統一した定義があるわけではないが、カリフォルニア大学教授であるソニア・リュボミアスキー(S.Lyubomirsky)は、「喜びや満足をもたらす経験と、充実して生きがいがあり、価値のある人生だと感じることを合わせた状態」と述べている。
幸福感の高い企業では、社員はイキイキと働き、メンタル疾患も少なく、主体的・創造的に業務を推進することで高い業績を生み出すと言われている。このことから、近年はモチベーションに変わる概念として企業内の指標として扱われることが増えてきている。

組織開発研究所では、内田・城戸らが研究により明らかにした、幸福感の先見要因(何が幸福感を高めるか)や幸福感の生み出す効果などを参考にした、組織や人材に対する変革サービスをご提供しています。