行動科学

行動科学(Behavioral Science)とは、人間の社会的な行動を科学的に明らかにし、法則性を導き出そうとする学問領域である。当領域は、文化人類学、経済学、政治学、心理学、社会学、社会心理学など広範囲に渡るため、学際的性質を持つ。P.ハーシーとK.H.ブランチャードらは、「人間の行動を理解し、予見するだけでなく、他人の行動を誘導し、変容せしめ、これを統制する行動科学は、優れたマネージャーやリーダーにとって必要な知識である」と述べている。
この行動科学は、組織開発を行う上で核となる重要な理論でもある。

組織開発研究所では、行動科学の知見や各種技法を、組織マネジメントやリーダーシップ領域の課題解決に活かしています。また理論だけでなく、これら考えを実務経験と組み合わせることでより効果の高いサービスをご提供しております。