ゆでガエル理論

ゆでガエル理論とは、「熱湯にカエルを入れると驚いて飛び出すが、冷水から徐々に温度を上げていけば、変化に気づかず、やがてゆであがって死んでしまう」というベイトソンの逸話を指している。この逸話が指す企業経営における教訓は、「人は居心地の良い“ぬるま湯に浸かった状態”に慣れきってしまうと、ゆっくりと進行していく危機に気づくことが出来ず、危機に気づいた時には手遅れになってしまっている」といった内容であり、人間の思考や行動の本質を鋭く突いているため納得度が高い。

組織開発研究所では、現状およびその変化を定量・定性の両面から適切に捉えることで「ゆでガエル」の現象に陥らないよう注意喚起すると共に、変革者の選抜とリーダーシップ開発をとおして、組織全体が変化を生み出していける状態を作り上げていきます。