ロジカル・シンキング

ロジカル・シンキング(Logical Thinking)とは、「モノゴトに矛盾が無く、整合的な結論が導き出されている状態」を生み出すための思考法であり、論理的思考とも言われる。この論理的な状態は、「網羅的」かつ「連続的」な状態が同時に満たされていることを指していることから、MECE(Mutually Exclusive, Collectively Exhaustive)の状態でもある。ビジネスにおいて、幅広く情報を集めて合理的な判断を行ったり、相手に筋道立てて説明するスキルは必須であることから、入社年次や職種にかかわらずスキル研修などで多く学ばれている。

組織開発研究所では、座学だけでは身につきにくい論理的思考を、数多くの演習と自身の振り返り、周囲からのフィードバックなどを組み合わせることで効果的に学べるよう工夫したプログラムを開発・ご提供しております。