リーダーシップ

リーダーシップ(leadership)とは、「チーム共通のビジョン(目標)を合意し、その実現に向けて個人および集団に対して与える影響力」を指す。
当領域に対する研究は古く、特性理論、行動理論、条件適合(コンティンジェンシー)理論といった研究の変遷が見られるが、近年はメンバーの特性を理解し、その能力開発・発揮を支援したり効果的な組み合わせを行うといった研究内容が増えてきている。また、議論のテーマとしてよく挙がるものに「リーダーシップとマネジメントの関係」がある。ハーバード・ビジネススクール名誉教授であるアブラハム・ザレズニック(A.Zaleznik)は、これに対する解として「似て非なる役割」と、同じく名誉教授であるジョン・コッター(J.P.Kotter)は「相異なるも補完し合う行動体系」であると述べている。

組織開発研究所では、新たな企業価値を生み出す変革リーダーや組織活性化を推進するチェンジ・エージェントの育成を、コンサルティングやトレーニングなどの手段を組み合わせてご支援しています。