パラダイムシフト

パラダイム(Paradigm)とは、アメリカの科学史家・科学哲学者であったT.S.クーン(T.S.Kuhn)によって提唱された概念であり、彼は著者「科学革命の構造」の中で「一般的に認められた科学的業績で、一時期の間、専門家に対して問い方や考え方のモデルを与えるもの」と定義している。
パラダイムシフトとはこのパラダイムの変革を指し、T.クーンはこれが科学革命であるとしている。この科学革命に対して、彼は「集団に基礎を持つ活動である」「建設的であると同時に破壊的である」と述べているが、これらの考えはG.ハメルの経営管理のイノベーションやC.M.クリステンセンの破壊的イノベーションに通ずるところがある。。

組織開発研究所では、社内・社外とつながりながら新たな価値を生み出す”集団プロセス”に着目しており、この活動を通じて、イノベ-ティブな組織づくりを支援しています。