組織開発研究所とは、株式会社ジェムコ日本経営※が運営する組織・人事・人材領域の研究やコンサルティングを行う機関です。
我々は、お客様の「人事機能の高度化支援」をミッションとして掲げており、各種課題に応じた支援を通して安心や喜び、幸せを感じられる社会の創造に寄与していきたいと考えています。

株式会社ジェムコ日本経営は、創業50年のコンサルティングファームであり、国内の製造業様を中心に多くの経営課題解決のお手伝いをさせていただいいます。

製造業での実績

組織開発研究所は、50年の歴史の中で数多くの製造業向け支援を行ってきた㈱ジェムコ日本経営が運営する、組織・人事・人材領域の研究やコンサルティングを行う機関です。我々は長い歴史の中で培った変革技術を核とし、机上の空論ではなく、業種・業態特性やお客様の個別具体的な課題を的確に捉えながら、プロジェクトメンバーとともに課題解決を進めていきます。

\\ 事業所・工場の組織・人事コンサルティング //

理論×経験則=実績力

組織行動論を中心に、各種理論をしっかりと抑えた経験豊富なコンサルタントが所属しているため、「そうはいっても・・」といった”実務上の例外”にも適切に対応することが可能です(実践力)。
また、研究論文を多数執筆しているコンサルタントや、事業会社経験も兼ね備えたコンサルタントも在籍しています。

ハイブリット型アプローチの採用

組織・人事・人材領域の課題に対し、組織開発研究所では組織開発におけるハードアプローチ(人事戦略や制度・仕組みなど)とソフトアプローチ(組織風土や能力開発など)の両面を組み合わせた複合施策を実施することが可能です。各施策の特徴を把握しているコーディネーターやコンサルタントがお客様課題を広く・深く捉えることで、問題の真因が明確となり、本質的課題を解決することが可能となります。

様々な”見える化”を推進

組織や個人の状態を「定量調査」「定性調査」で明らかにするだけでなく、個人やチームの”ありたい姿”や各人が抱える業務までもを独自の手法で見える化していきます。
収集されたデータは、多変量解析やテキストマイニングなどを行うことでわかりやすく整理し、コンサルティングやトレーニングなどの対象者が自ら活用できる状態をつくっています。